2007年05月03日

頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一

頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一
頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一
 神奈川エリアの初戦、対チーム246戦。公道の限界を超えたダウンヒルバトルは思わぬ形で決着が!
 意外な人物が新たなる敵として登場。
 再びFCを持ち出そうとする高橋涼介の真意は?
 そしてストーリーは神奈川エリア第2戦へと続きます。

 ところで、もしかして美佳ちゃんの地元は埼玉県狭山市かな?


posted by kurozo at 15:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

うしおととら 全33巻 藤田和日郎

うしおととら(1) 藤田和日郎
うしおととら(1) 藤田和日郎
 ひょんなことから妖怪退治に絶大な力を発揮する「獣の槍」を操ることになった中学2年生・蒼月潮と、その槍に500年間地下室に縫いつけられていた大妖怪「とら」が織りなす人間と妖怪の大スペクタル!

 後半の「白面の者」編からストーリーがより重厚に、より壮大になっていきます。
 獣の槍はなぜ出来たのか
 潮の母とは
 白面の者とは何者なのか
 そしてとらの正体は・・・

 すべての疑問にちゃんとオチをつけてくれているので非常に読後も爽快。長編ではありますが、途中で退屈することなく一気に読めます。もし漫画喫茶で読もうとお考えなら終電の時間は要注意です!

 通常コミックス版で全33巻+外伝1巻
 コミックス・ワイド版で全18巻(最終巻に外伝が含まれています)
 文庫版で全19巻


posted by kurozo at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

修羅の刻−陸奥圓明流外伝− 15巻 川原 正敏

修羅の刻 15巻

修羅の刻−陸奥圓明流外伝− 15巻 川原 正敏



今回の「刻」は江戸時代中期。
相手は天下無双と謳われた名大関・雷電為右衛門(爲右エ門)です。

陸奥の代は天斗(寛永御前試合編/対柳生十兵衛)と出雲(風雲幕末編/対坂本竜馬、新撰組)・雷(アメリカ西部編/対ワイアット・アープ、騎兵隊)兄弟の間です。

江戸でもはや敵無しと言われた雷電は陸奥左近・葉月親娘と初めて出会い、不覚にも土俵上で膝を着いてしまいます。
最初の出会いでは雷電に何かが足りないとの理由で左近が闘いの続行を拒否します。
しかしそれぞれの事情がすれ違いを生み、雷電が再び陸奥と仕合うまで長い年月を待たねばなりませんでした。
二回目の出会いは約十年後。
雷電は葉月では足りない、左近を出せと迫りますが左近の死を聞き雷電が号泣。
そしてそれからさらに二十年後。
三回目の出会いで雷電の前に現れたのは左近の孫であり、葉月の息子であり、その葉月が「全霊をかけて仕込んだ」兵衛です。
雷電は兵衛との闘いの中で狂喜し、兵衛もまた狂喜します。
ついに雷電は兵衛の前に力尽き、笑みをうかべながら逝くのでした。

主人公は雷電と葉月です。
二人の因縁が物語の核ではないでしょうか。
陸奥左近と陸奥兵衛は非常に重要な役割を果たすのですが、チョイ役の感が否めません。

「刻」は主人公が陸奥でないことがよくあります(私はその方が好きだったりします)。
風雲幕末編、寛永御前試合編、源義経編、西郷四郎編がそれに当たり、今回の雷電編も加わるのではないでしょうか。
なかでも出色の出来は風雲幕末編と寛永御前試合編。
雷電編はそれに匹敵する出来だと思います。

巻末には例のごとく作者の後書きがあります。
この人、真面目だなぁといつも思うのですが、あまりにもへりくだり過ぎて、これまたいつも思うのですがちょっと鼻につきます。
そんなにヘリくだらなくてもいいのに。

川原正敏


posted by kurozo at 11:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

頭文字[イニシャル]D 32巻


頭文字[イニシャル]D 32巻


対パープルシャドウ戦が決着。
拓海と啓介のニセモノが登場。
そして新たな出会いが。

それにしても渉兄さん(←86スーパーチャージャーの人。以前は86ターボだった)カッコつけすぎw

頭文字[イニシャル]D


posted by kurozo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。