2008年06月22日

2008 WGP R8 イギリスGP 予選 ストーナーが2戦連続ポール・ポジション

 予選はウェットコンディション。やっとチャンピオンの調子があがってきましたか。KC(ドゥカティ)が2戦連続のポール・ポジションを獲得しました。
1.ストーナー(ドゥカティ)1分38秒232
2.ロッシ(ヤマハ)1分38秒881
3.バーミューレン(スズキ)1分39秒018
4.ヘイデン(ホンダ)1分39秒270
5.エドワーズ(ヤマハ)1分39秒601

ペドロサ(ホンダ)は2秒118落ちの9位、中野真矢(ホンダ)は2秒185落ちの10位。

The Official MotoGP Website(日本語)


posted by kurozo at 15:40| 東京 ☔| Comment(35) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

2008 WGP R7 カタルーニャGP 決勝 ペドロサが今シーズン2勝目

MotoGP
 ダニ・ペドロサ(ホンダ)が母国GPを制して、今シーズン2勝目!
1.ペドロサ(ホンダ)
2.ロッシ(ヤマハ)
3.ストーナー(ドゥカティ)
4.ドビツィオーソ(ホンダ)
5.エドワーズ(ヤマハ)
ヘイデン(ホンダ)は8位、中野真矢(ホンダ)は9位、ロレンゾ(ヤマハ)は怪我のため欠場。

250
シモンセリが連勝。
1.シモンセリ(ジレラ)
2.バウティスタ(アプリリア)
3.バルベラ(アプリリア)
4.デボン(アプリリア)
5.ルティ(アプリリア)
青山博一(KTM)は7位、高橋裕紀(ホンダ)は12位。

125
ディ・メッリオが今シーズン2勝目。
1.ディ・メッリオ(デルビ)
2.エスパルガロ(デルビ)
3.タルマクシ(アプリリア)
4.ブラドル(アプリリア)
5.コルシ(アプリリア)
小山知良(KTM)は13位、中上貴晶(アプリリア)は22位。

 第8戦イギリスGP(ドニントン・パーク)決勝は6月22日。


posted by kurozo at 23:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

2008 WGP R7 カタルーニャGP 予選 ストーナーがポール・ポジション

 KC(ドゥカティ)は今季初ポールです。ロレンソ(ヤマハ)は金曜日のフリー走行で激しく転倒、そのまま入院して精密検査。欠場する見込みです。地元なのに〜。
1.ストーナー(ドゥカティ)1分41秒186
2.ペドロサ(ホンダ)1分41秒269
3.ヘイデン(ホンダ)1分41秒437
4.プニエ(ホンダ)1分41秒571
5.エドワーズ(ヤマハ)1分41秒609
ロッシ(ヤマハ)はトップから1秒241落ちの9位、中野真矢(ホンダ)は1秒457落ちの11位です。



posted by kurozo at 11:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

2008 WGP R6 イタリアGP 決勝 ロッシがムジェロ7連覇

MotoGP
 ロッシが3連勝!イタリアGP(ムジェロ)は7連覇!!
1.ロッシ(ヤマハ)
2.ストーナー(ドゥカティ)
3.ペドロサ(ホンダ)
4.デ・アンジェリス(ホンダ)
5.エドワーズ(ヤマハ)
中野真矢(ホンダ)は9位、ヘイデン(ホンダ)は13位、ワイルドカードで出場の岡田忠之(ホンダ)14位。ロレンゾ(ヤマハ)はリタイア。

250
 シモンセリが地元イタリアで優勝。
1.シモンセリ(ジレラ)
2.デボン(アプリリア)
3.ルティ(アプリリア)
4.カリオ(KTM)
5.パシーニ(アプリリア)
青山博一(KTM)は8位、高橋裕紀(ホンダ)はリタイア。

125
 125ccクラスも地元イタリアのコルシが優勝。今季3勝目。
1.コルシ(アプリリア)
2.タルマクシ(アプリリア)
3.エスパルガロ(デルビ)
4.ディ・メッリオ(デルビ)
5.スミス(アプリリア)
中上貴晶(アプリリア)は16位、小山知良(KTM)はリタイア。

 もうすぐ第7戦カタルニア(スペイン)GPが始まります。決勝は6月8日。


posted by kurozo at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

2008 WGP R6 イタリアGP 予選 ロッシがポール・ポジション

 ロッシがムジェロ7連覇に向けてベスト・グリッドを獲得しました。
1.ロッシ(ヤマハ)1分48秒130
2.ペドロサ(ホンダ)1分48秒297
3.カピロッシ(スズキ)1分48秒313
4.ストーナー(ドゥカティ)1分48秒375
5.エドワーズ(ヤマハ)1分48秒383
ヘイデン(ホンダ)が6位、ロレンゾ(ヤマハ)が7位、中野真矢(ホンダ)が9位、ワイルドカード参戦の岡田忠之(ホンダ)は15位。



posted by kurozo at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

2008 WGP R5 フランスGP 決勝 ロッシ連勝

MotoGP
 ロッシが中国GPに続き2連勝。通算90勝目(歴代2位タイ)。表彰台をヤマハが独占しました。ヤマハの表彰台独占なんて何年ぶりでしょうか。ポール・ポジションからスタートだったダニ・ペドロサ(ホンダ)は4位。
1.ロッシ(ヤマハ)
2.ロレンゾ(ヤマハ)
3.エドワーズ(ヤマハ)
4.ペドロサ(ホンダ)
5.バーミューレン(スズキ)
ヘイデン(ホンダ)は8位、中野真矢(ホンダ)は10位、KCは2Laps遅れの16位。

250
 ポール・ポジションからスタートしたアレックス・デボン(アプリリア)がGP初優勝を飾りました。
1.デボン(アプリリア)
2.シモンセリ(ジレラ)
3.パシーニ(アプリリア)
4.高橋裕紀(ホンダ)
5.カリオ(KTM)
青山博一(KTM)は7位。

125
1.ディ・メッリオ(デルビ)
2.スミス(アプリリア)
3.テロール(アプリリア)
4.エスパルガロ(デルビ)
5.イアンノーネ(アプリリア)
中上貴晶(アプリリア)は16位、小山知良(KTM)はリタイア。


posted by kurozo at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

2008 WGP R4 中国GP 決勝 ロッシが今季初勝利

MotoGP
 ロッシが今季初勝利。ここまでの4戦ですべて勝者が違います。
1.ロッシ(ヤマハ)
2.ペドロサ(ホンダ)
3.ストーナー(ドゥカティ)
4.ロレンゾ(ヤマハ)
5.メランドリ(ドゥカティ)
ポールポジションだったエドワーズ(ヤマハ)は7位、中野真矢(ホンダ)は10位。

250
1.カリオ(KTM)
2.青山博一(KTM)
3.パシーニ(アプリリア)
4.シモンセリ(ジレラ)
5.デボン(アプリリア)
高橋裕紀(ホンダ)は7位。

125
1.イアンノーネ(アプリリア)
2.ディ・メッリオ(デルビ)
3.タルマクシ(アプリリア)
4.エスパルガロ(デルビ)
5.ブラドル(アプリリア)
小山知良(KTM)は13位、中上貴晶(アプリリア)はリタイア。


posted by kurozo at 14:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

2008 WGP R4 中国GP 予選

 中野真矢はフリー走行3回目も5番手と好調でしたが、予選は13位となりました。ポールポジションのコーリン・エドワーズから1秒577落ちです。さてポールポジションはエドワーズということで、またしてもヤマハです。

1.エドワーズ(ヤマハ)1分58秒139
2.ロッシ(ヤマハ)1分58秒494
3.ストーナー(ドゥカティ)1分58秒591
4.ロレンゾ(ヤマハ)1分58秒711
5.ペドロサ(ホンダ)1分58秒855
 あれ?ロレンゾが出走するみたいです。


posted by kurozo at 01:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

2008 WGP R4 中国GP フリー走行 中野が4番手タイム

 おおお!中野真矢が4番手タイムを記録。これは期待できますかね?トップタイムはKC。ロレンゾはなんとクラッシュ・骨折。このGPへの出走は難しそうです。



posted by kurozo at 12:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

2008 WGP R3 ポルトガルGP 決勝

MotoGP
 ヤマハのホルヘ・ロレンソが初優勝。
1.ロレンゾ(ヤマハ)
2.ペドロサ(ホンダ)
3.ロッシ(ヤマハ)
4.エドワーズ(ヤマハ)
5.ホプキンス(カワサキ)
ストーナー(ドゥカティ)は6位、中野真矢(ホンダ)は10位。

250
1.バウティスタ(アプリリア)
2.シモンセリ(ジレラ)
3.カリオ(KTM)
4.ルティ(アプリリア)
5.青山博一(KTM)
高橋裕紀(ホンダ)は6位。

125
1.コルシ(アプリリア)
2.オリベ(デルビ)
3.テロール(アプリリア)
4.ボンセー(アプリリア)
5.ウェッブ(アプリリア)
小山知良(KTM)は16位、中上貴晶(アプリリア)は19位。


タグ:MotoGP WGP
posted by kurozo at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

2008 WGP R2 スペインGP 決勝

MotoGP
 ホンダのペドロサが母国グランプリを制しシーズン初優勝。
1.ペドロサ(ホンダ)
2.ロッシ(ヤマハ)
3.ロレンゾ(ヤマハ)
4.ヘイデン(ホンダ)
5.カピロッシ(スズキ)
中野真矢(ホンダ)は9位。

250
1.カリオ(KTM)
2.パシーニ(アプリリア)
3.高橋裕紀(ホンダ)
4.青山博一(KTM)
5.バルベラ(アプリリア)
ポールポジションからスタートしたバウティスタはリタイア。

125
1.コルシ(アプリリア)
2.テロール(アプリリア)
3.スミス(アプリリア)
4.ブラドル(アプリリア)
5.ニエト(KTM)
小山知良(KTM)は13位、中上貴晶(アプリリア)は15位。


タグ:MotoGP WGP
posted by kurozo at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

2008 WGP R2 スペインGP 予選 (その2)

1.ロレンゾ(ヤマハ)1'38.189
2.ペドロサ(ホンダ)1'38.789
3.エドワーズ(ヤマハ)1'38.954
4.ヘイデン(ホンダ)1'39.061
5.ロッシ(ヤマハ)1'39.064
ストーナー(ドゥカティ)は1'39.286で7位、中野(ホンダ)は1'39.559で11位。




posted by kurozo at 03:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

2008 WGP R2 スペインGP フリー走行&予選

 ストーナーじゃなくてロレンゾです。中野は13番手。
 250ccはKTMのカリオが暫定ポール・ポジション。青山博一4位、高橋裕紀10位。


タグ:WGP MotoGP
posted by kurozo at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

2008WGP R1 カタールGP



昨年のもてぎの観戦記を書く前に今年も始まりました。motoGP史上初のナイト・レースです。
まずは昨年のチャンピオン、ドゥカティのケーシー・ストーナーが優勝。2位はヤマハのルーキーでポール・ポジションからスタートしたホルヘ・ロレンゾ。3位はホンダのダニ・ペドロサ。ロッシは5位、中野は13位でした。
ロッシは一時トップに立つもずるずると後退。タイヤですかね?


タグ:WGP MotoGP
posted by kurozo at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ノリック逝く

 GPライダーで現在(2007年)も全日本ロードレース(JSB1000)で走っている、”ノリック”こと阿部典史さんが交通事故により亡くなられました。享年32歳。あっちに行ってしまうには若すぎる。残念です。
 Uターン禁止区域でUターンをしていたトラックと衝突した模様。
 GPでは1996年と2000年の日本GP(鈴鹿サーキット)、1999年のリオGP(ブラジル/ジャカレパグア・ネルソン・ピケ・サーキット)の3勝(いずれもGP500)しました。
 


 ヤマハ発動機
阿部 典史選手の訃報について

その他

 共同通信
阿部典史氏死去 オートバイレーサー
 日刊スポーツ
「ノリック」阿部典史さん交通事故死
ノリックが交通事故死、トラックと衝突


公式サイト
Norick Abe Official Website
posted by kurozo at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

コニカミノルタ ホンダ 中野真矢展

 今年もツインリンクもてぎへMotoGP観戦に行ってきましたが、まずはこっちの話題を。
 気付いたのが27日の夜。新宿の地下街でこのポスターを見かけたときでした。
 〜チャレンジMotoGP〜 コニカミノルタ ホンダ 中野真矢展
中野真矢展ポスター
 新宿のコニカミノルタプラザで9/21〜10/1まで。
 ↓チラシです。
中野真矢展チラシ1 中野真矢展チラシ2
 私は9/29の土曜日に仕事帰りに寄ってきました。その日は中野真矢本人のトークショーだったのですが、事前申し込みが必要だったので入れませんでした。会場はRC212Vの実車展示と中野からのメッセージを上映する大型モニタ、写真と応援メッセージを書き込めるフラッグがありました。入場者はなぜか女性多し。
中野真矢展RC212Vその1 中野真矢展RC212Vその2 中野真矢展RC212Vその3
 こちらが応援フラッグ。私も応援メッセージを書いてきました!
中野真矢展応援フラッグ
 今年はちょっとアレでしたが、来年はもっと目立つ活躍をしてほしいですね。
 ガンバレ!シンヤ!!

shinya56.com(中野真矢公式サイト)
コニカミノルタ ホンダ MotoGP


posted by kurozo at 23:11| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

MotoGP R15 日本グランプリまであと一ヶ月

2007motoGPもてぎチケット 今年も行きますよ〜。
 サンマリノ(9/2)、ポルトガル(9/16)ときて、日本グランプリです。決勝は9/23。
 
 ところでメインスポンサーは今年もA-STYLE。これって何の会社?

ツインリンクもてぎのMotoGPページ
ツインリンクもてぎ | motogp


posted by kurozo at 23:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

A-STYLE Grand Prix of Japan 2006 その2

飛行機雲
 お昼頃に飛行機雲が。
MotoGPクラス スタート で、いよいよmotoGPクラス。結果は知っての通りカピロッシの完勝でした。やっぱブリヂストンはモテギで強いね。
 一番の衝撃は最終ラップに起こりました。2つ目の立体交差をカピロッシ、ロッシ、メランドリ、ジベルナウの順で抜けてきます。
 あれ?中野が来ない?なかのーーー!

 直前の90°コーナーで勝負して接触・転倒してしまった。うーん、残念。
 ポイントリーダーのヘイデンは5位。玉田10位、秋吉13位。

 この時点ではまだまだロッシの逆転チャンピオンの可能性が・・・。可能性があるのはロッシだけじゃないし。

 レース後はメインエントランスの方へ行ってイベント見たり(つか、きれいなお姉さんを見に行った)、おみやげ買ったりした。
 そして先輩の強い希望によりコレクションホールへ行きました。
HONDA RA272
 コレクションホールの入り口にあったF1マシン「HONDA RA272」です。たぶんRA272だと思う(^-^;

いすゞ ベレットGT-R 「クルマが文化(スタイル)になった時代」という企画展をやっていました(2007年1月28日まで)。クルマ(2輪・4輪)とその当時の流行みたいな感じで。
 展示してあったクルマはトヨタ2000GT、カローラ(いつの時代か忘れた)、フェアレディZ(432だ!)、サニー(B10だったかな?)、ベレットGT-R(写真のやつ)、スバル1000、フロンテ・クーペ、シビック(SB1かな?)、ホンダZ(以上4輪)、ヤマハ・チャッピー、ヤマハminiFT50、スズキ・バンバン、 CB750FOUR、DAX、Chaly。
 こんなキレイなフロンテ・クーペは久しぶりに見た(^-^)展示なんだから当たり前か。ミニカ・スキッパーとかあったらもっとよかったのに。

LPレコード 当時の流行なんかも展示してあって、ちょっと笑ったのはこの写真。
 LPレコードが3枚重なって展示されていたんだけど、一番上がストーンズのSTICKY FINGER(オリジナルのジッパー付きのやつ)、次がツェッペリンV(だったと思う)、一番下がディープ・パープルのイン・ロック。
 当時はどうか知らんが、現代における人気順みたいな。パープル、評価されてねーw(とか何とか言いつつも、俺もこの通りの順番だったりする)

ASIMO 2階は市販車、3階はレース車両。ホンダだけに汎用製品(芝刈り機とか船外機とか)も置いてありました。
 アッシモも1階にいました。動いていたよ!「はぁ〜、聞こえんなぁ?」と言ってます。

 帰りは水戸I.Cから常磐高速に乗って、外環〜関越で帰りました。当たり前にのように常磐は渋滞(^-^;

 疲れたけど、楽しかった。
 来年(つか、今年)も行くぞー!


posted by kurozo at 01:17| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

A-STYLE Grand Prix of Japan 2006 その1

 今さらですが、2006年のmotoGP日本GPの観戦記を。

 2006年9月24日ツインリンクもてぎ。
 学生時代の先輩と2人で行きました。朝6時ちょっと前に先輩が迎えに来て、ここでうちの車に乗り換えて出発。関越/川越IC〜外環〜常磐/那珂ICと順調。
 那珂川を渡る手前に細い道があって、そこに入っていくとなかなかおもしろい。裏道ですが、渋滞していないときは普通に行った方が早いです。実際、裏道に入る前に俺の前を走っていた車が通常ルートに合流後、前にいました(^-^;

 北ゲートに到着。
 昨年は125ccの決勝が終わってから入場だったけど、今年は余裕を持って到着。8時半くらいに着きました。空いてたなぁ。中に入ってからの方が混んでいたね。裏ストレートのあたりにある駐車場に。いやー、2ストオイルくせ〜。

 裏ストレートで各クラスのウォーミングアップを観ました。その後、場内をブラブラ。そんなこんなで125ccの決勝を今年も観ませんでした(^-^;
 写真はそのブラブラしているときに撮ったものです。右からSUZUKI GSV-R(ホプキンス)、DUCATI Desmosedici GP6(カピロッシ)、KAWASAKI Ninja ZX-RR(中野)。
SUZUKI GSV-R(ホプキンス) DUCATI Desmosedici GP6(カピロッシ) KAWASAKI Ninja ZX-RR(中野)


 ブラブラしていても特にこれは!というものはなかった。F1とか8耐のプログラムが半額で売ってたくらいかな。あとやっぱりお姉さんの周りにはすんごいカメラ持った人たちが群がっていました。バズーカみたいなレンズ付けてたよ。展示バイクの方はお姉さんの周りよりは空いてました。
 左と真ん中はロッシのYAMAHA YZR-M1。右は250ccクラスのスタート前です。C/E席から見たところ。
YAMAHA YZR-M1(ロッシ)1 YAMAHA YZR-M1(ロッシ)2 250ccクラスのスタート前


250ccクラストップ争い で、いよいよ250ccクラスのスタート!
 250ccはアンジェリスの好スタートで始まる。6週目に青山博一がトップに!青山博一、アンジェリス、高橋、ドビツィオーソの4台でトップ争い。
 しかし、高橋が転倒。そのあおりを食ってドビツィオーソが遅れてしまう。一時はアンジェリスの逆転を許したものの、青山博一はすぐに抜き返して、その後は一度も先頭を譲ることなくゴール!
 青山博一が昨年に続き、250ccクラスを制した。

 ここで、ちょっとなぜC/Eエリア席を選んだかを解説です。
 指定エリアであって指定席ではありません。雰囲気がすごくゆるいのです。空いてるし。どれくらい空いているかというと下の2枚の写真をご覧下さい。右の写真みたいに一列を占拠してもまだまだガラガラです。
 見えるのは2つ目の立体交差直後から直線半ばまでと3コーナー手前から4〜5コーナーの途中まで。それと90°コーナーの直前がチラッと見えます。ゆったりのんびり観戦したい人にはお薦め席。
CE席1 CE席2


続きは明日以降に(^-^;


posted by kurozo at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

MotoGP 第12戦日本GP

9月18日、MotoGPの第12戦日本GPを観戦しにツインリンク茂木まで行って来ました。
どーでもいいけど「TWIN RING MOTEGI」なのに「ツインリンク」なのね。
朝7:00過ぎに自宅を出発。
関越〜外環は順調、常磐で渋滞につかまりました。
それを過ぎると順調でしたが、サーキット入り口でまた渋滞。
到着は11:30を過ぎてしまい、125ccクラスは観ることが出来ませんでした。

250ccクラスがスタートするまでの間、各ブースを見て回りました。
YZR500(OW48R)
これはヤマハブースにあったYZR500。
ケニー・ロバーツ(Sr)が1980年にチャンピオンを獲ったマシンです。

C,E席で観戦しました。
寝っ転がっても大丈夫なあのルーズな感じが好きです。
しかし暑い!暑すぎる!日焼け止めと帽子は必須でした。

250ccクラスはポールポジションからそのまま後続を押さえきった青山博一(あおやまひろし)が念願の初優勝!
逃げる青山

そしていよいよMotoGPクラスのスタートが近づいてきました。
ポールポジションはDucatiのカピロッシ、玉田4位、中野14位。
MotoGPスタート前
ホールショットを奪ったのはホンダのメランドリ(たぶん・・・)。
1週目のヘアピンで松戸が転倒、リタイア。
メランドリ、カピロッシ、ビアッジの3台がトップ争い。
予選11位に沈んだロッシはスタート直後から追い上げ開始、あっと言う間に玉田を抜いて4位に浮上。
しばらくはトップ3台とちょっと離れてロッシ、玉田。
12週目、再び進撃を開始したロッシですが、なんとヘアピンで3位走行中のメランドリに追突!
そのままメランドリ、ロッシともにリタイア。
ロッシにしては信じられないミスです。
そんなにヨーロッパでチャンピオンを決めたかったのか・・・ロッシ。
そこで玉田が3位浮上。
3位走行中の玉田

トップ争いはカピロッシとビアッジに絞られました。
この2人だけにもう一波乱ありそうな予感がいっぱいです。
16週目に中野、20週目にワイルドカードで出場の宇川がリタイア。
ラスト4週目(あたり。もっと前かもしれません)でビアッジが痛恨のミス!
1コーナーではらんでしまいました。
そのミスを突いて再びカピロッシがトップに。
そのままビアッジを押さえきって今季初優勝!
その後、淡々と走った玉田はそのまま3位フィニッシュ。
ビアッジ、勝負弱ぇ〜
ロリス・カピロッシ
↑優勝パフォーマンスをするカピロッシ。
玉田のウイニングラン
↑玉田のウイニングラン。
リザルトはこちら

本人は「つまらないレース」と言っていましたが、とにかく地元で表彰台に乗ってくれてよかったよ>玉田(^-^)

おまけ
MIUCampetella
左は清涼飲料水「MIU」のキャンギャルちゃん。右はMotoGP4(PS2のゲーム)のブースに250ccクラスの関口選手が連れてきたキャンギャルちゃん。

最後に帰る前にパチリ。
夕方

帰りはサーキットを出て那珂川(たぶん)を渡るまで渋滞。
常磐はいつものように断続的に渋滞していました。
外環〜関越は順調でした。

いやー疲れた。
でも楽しかったです(^-^)
来年も行くぞー!

posted by kurozo at 16:24| Comment(2) | TrackBack(1) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。