2008年06月08日

ベルモントS  Da' Taraが逃げ切り、Big Brownは大差の殿負け

 Big Brownはスタート直後にかかっていたけど、折り合ってからは道中は3番手追走でいい感じに見えたのですが・・・。3角付近で手応えが怪しくなり(デザーモ騎手が必死で追い始めました)、4角ではずるずると最後方になりデザーモ騎手もあきらめたようでした。
 勝ったDa' Tara(ダタラ)はロケットスタートでハナを切りました。そのまま先頭で持ったまま3角を回ってくると4角では後続を引き離し、最後は5馬身1/4差の圧勝。
 こうなると、やはりカジノドライヴの直前回避が残念でしたが、藤沢和雄調教師によると立て直してブリーダーズ・カップを目指すとのこと。がんばってほしいです。

ベルモントS(G1)の成績〜カジノドライヴ号は、出走取消〜(JRA)
ベルモントS、ビッグブラウン3冠ならず(netkeiba.com)
カジノドライヴ、今後はブリーダーズCを目標(netkeiba.com)


posted by kurozo at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。