2008年06月07日

カジノドライヴ ベルモントS直前に左後挫石を発症

 ベルモントS(米国三冠レースの最終戦、6月7日ベルモントパーク競馬場)で2番人気に押されているカジノドライヴが左後挫石を発症してしまいました。藤沢和雄調教師は「ここまできた以上、出走へ最善を尽くしたい。」(スポニチ)と言ってますが・・・。軽度のものらしいのでなんとか出走できる状態に回復してもらいたいです。

カジノドライヴ号他 日本馬TODAY(8)(JRA)
衝撃の急展開!!カジノはベルモントS回避も(スポニチ)
カジノ出走回避か後肢ザ石/ベルモントS(日刊スポーツ)


posted by kurozo at 14:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99712565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。