2008年03月30日

ドバイワールドカップ2008

 ヴァーミリアンはまったくいいところなく、まさかの殿負けでした。昨年のインヴァソール同様、今年のカーリンも化け物でしたが、いくらなんでも負けすぎ。道中で馬が走る気をなくす何かがあったと思いたい。

 ドバイ・デューティ・フリー(G1)に出走したウオッカとアドマイヤオーラはそれぞれ4着と9着。果敢に先行したウオッカは一瞬おおっ!と思わせたが、最後は力でねじ伏せられた感じ。アドマイヤオーラは位置取りが後ろ過ぎたようです。

 UAEダービー(G2)に出走したイイデケンシンはスタートから押して押して押しまくったけどハナを切れず、最後はスタミナ切れ。8着。

 日本馬ではありませんが、ドバイ・シーマ・クラシック(G1)を勝ったサンクラシークはフジキセキ産駒です。南アフリカ馬。

ドバイ・ワールド・カップ 成績と映像(JRA)


posted by kurozo at 20:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91629363

この記事へのトラックバック

ドバイ・ワールド・カップ2008 日本馬成績
Excerpt: UAEダービー(G2) イイデケンシン(藤田伸二) 8着  スタートから押して押して前に出るがハナを切れず。先行するも直線で力尽きる。 ドバイデューティフリー(G1) ウオッカ(武豊) 4着 アドマ..
Weblog: 今日もまんざらじゃなかった
Tracked: 2008-03-30 20:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。