2007年05月31日

2007日本ダービー(とその他)

2007日本ダービー入場券 今さらながらに今年の日本ダービー(とその他)を振り返ってみます。
 この日は皇太子殿下が東京競馬場へ行啓。安倍晋三内閣総理大臣も「内閣総理大臣賞」を授与のため来場、今年のJRAイメージキャラクター織田裕二さんもプレゼンターとして来場しました。

 ちなみに私の予想は◎フサイチホウオーで、2番人気ヴィクトリーと3番人気ウオッカ、4番人気アドマイヤオーラは切りました。だってねぇ、フサイチホウオー単勝1.6倍って・・・(^-^;
 フサイチホウオーからバラバラとタスカータソルテ(武、なんとかしろ)、ゴールデンダリア(前走の末脚は鮮やかだったと思います)、ナムラマース(ずーっと買ってるので)、ローレルゲレイロ(人気なかったし)、トーセンマーチ(青葉賞でお世話になりました。しかも今回はヒロユキですよ!)と5点ほど馬連で。アサクサキングスはちょっと気になったけどもちろん買ってません。
 レース前に驚いたのがフサイチホウオーの単勝オッズとヴィクトリーの人気です。フサイチホウオーに関しては関口会長買いすぎですよ〜と。あとヴィクトリーはサニーブライアンのことを考えれば人気になりすぎかなぁと。人気なければ買おうかと思っていましたが、スタート直後にいらない馬券になっていたので買わなくて正解でした。
 ウオッカも同様に人気がなければ買いだったのですが3番人気。しかし後から考えれば単勝オッズ10.5倍はおいしすぎる。それだけフサイチホウオーが人気を被りすぎたのですね。アドマイヤオーラは最初から買う気がありませんでした。
 フサイチホウオーが◎の理由ですが、皐月賞での重戦車のような追い込みを観れば買いたくなりますよね。わかりやすいもん。あとは東京のトニービン系ってことで。ウオッカの桜花賞も重戦車のような追い込みでしたが、牝馬相手だったということと前をつかまえられなかったということで割り引いて考えました。しかしつかまえられなかったのはフサイチホウオーも同じでしたね。しかもパドック〜返し馬では終始入れ込み気味でした。レースでは出遅れてかかったヴィクトリーに釣られてかかってしまったような。
 直線でウオッカがどこから出てきたかわかりませんでした。伸びないフサイチホウオーしか観てなかったので。がっかりしながら(^-^;勝ったウオッカは牝馬として64年ぶりにダービー制覇。しかも秋は凱旋門賞に出走するそうですからがんばってほしいですね。
 フサイチホウオーは7着。惨敗と言っていいでしょう。やはり向こう正面でかかったのが大きかったか。ゴールデンダリア6着、ナムラマース8着、タスカータソルテ11着、ローレルゲレイロ13着、トーセンマーチ14着でした。ちなみに上位人気馬は2番人気ヴィクトリー9着(出負けして、かかって前へ行ってしまった。見せ場なし)、4番人気アドマイヤオーラ3着(直線はよく追い込んだが。しかしフラフラしすぎ。5/30骨折が判明)、5番人気ヒラボクロイヤル16着(後方まま。全く見せ場なし)。

 さて気を取り直して続く11R富嶽賞はアンカツ、てめぇ責任取れよとばかりにこれまた1番人気のヘイアンルモンドを◎、馬連でチョウカイキセキとテンザンモビールに。最後は追い込んできましたがアタマ差届かず3着。勝ったのはテンザンモビールでしたので、熱かったです。

 最終は目黒記念G2です。普通に考えればポップロックとトウカイトリックで決まりです。しかしどうにもトウカイトリックの鞍上は信用なりません。ということで◎ポップロック(ハンデに.5が付くと買いたくなる)、馬連でアドマイヤタイトル(なんとなく)とココナッツパンチ(ハンデ軽い!51Kg)へ厚めに、押さえでソーユアフロスト(東京得意?)とダディーズドリーム(アンカツ責任とれ)へ。直線でポップロックの前が詰まったように見えましたが、まだ余裕があったようでそこから楽々と抜け出してきました。最後は軽量ココナッツパンチにクビ差まで迫られましたが、馬連だったのでどっちでもいいぞ!と(^o^)結局アンカツは責任とってくれませんでしたが厚めに買っておいたほうが的中しましたのでなんとかプラスになって終わりました。しかしココナッツパンチは5/29に骨折が判明。アドマイヤオーラ同様、菊花賞は間に合わなさそうです。

 この日は8Rから始めて東京と中京の全レースを買ったのですが、的中は最終の目黒記念のみ。いやー、やばかったです。

 やはりダービーは入場者数は多いですね。家族連れもいつもより多かったようですが、こんなに込む日は子供は連れてこない方がいいと思いますけどね。私は昨年同様、その場にいながら館内のモニターでダービーを観てました。全然Feel Liveじゃありません。いや、しかしゴミ多いね。競馬場の外ではポイ捨てもやらんだろうに。中でも同様にしてほしいです。

 それと人混みの中でタバコ吸う人はいったい何を考えているのか。このご時世で喫煙者がなんとか共存の道を探って自主規制しているのに、こういう一部の馬鹿どものせいですべて台無しです。嫌煙家はこういうやつらを見つけるとすごい攻撃してきます。で、こういう一部の馬鹿共が反嫌煙家となり飽くなき戦い−しかも感情的でまったく進展のない−を続けていくわけですな。一生やってろって感じです。

 あまりの人の多さに最終レース後、府中本町へ向かう通路も大渋滞。しばらく1コーナーよりの芝生の上で寝転んで時間を潰してから帰りました。


ラベル:競馬 ダービー
posted by kurozo at 18:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

JRAのイメージCM

レミオロメン / 茜空(通常盤)
レミオロメン / 茜空(通常盤)
 2007年のJRA(日本中央競馬会)イメージソングです。
 CMそのものはさわやかで、企業イメージアップのためのCMとしてはかなり上出来な仕上がりになっています。がんばっている誰かや自分を、がんばっている馬に重ねるという感じで、スポーツとしての競馬をクローズアップしています。感動的ですらあります。本当にJRAはいいCMを作りますね。
 2005年の一青窈の「影踏み」を起用したCMもそうでしたが、すごく感情移入しやすいです。2005年版は競走馬とそれに関わる人たち(牧場スタッフ、調教師、厩務員、馬主、騎手そして競馬ファン)とのつながりを美しく描いたCMでした。
 しかしギャンブルというダークサイドと言える部分を包み隠しているのも事実。ある程度競馬歴を重ねてしまうと、そういう部分があるってことが頭のどっかから消えないわけで。でも素直に感動できないのもちょっと悲しいかなと思ったり。

 で、茜空なんですがごたごた言うより聞いてみた方がいいです。競馬中継とか見てればCMで流れます。今すぐ見たいって方はヨウツベに多分あると思うので探してみてください。CDは初回限定盤と通常盤があります。上のリンクは通常盤ね。初回限定盤はDVD付ですが、レミオロメンのファンじゃない方は通常盤で充分でしょう。
 非常に残念なのが収録曲です。
 「1.茜空 2.茜空(アコースティック・バージョン) 3.茜空(インストゥルメンタル)」
 なんだこれ。実質1曲のみ。せっかく一生レミオロメンを聴かなかったであろう人たち(競馬オヤジね)に存在をアピールしたのに収録内容がこれではねー。若い子達がファンの中心みたいだし、おっさんのファンはいらないってことなんですかね。
 一青窈なんか3曲(全5曲で内2曲がインストゥルメンタル)も入ってたのに。

 初回限定盤はこちら。
レミオロメン / 茜空(初回限定盤)(DVD付)
レミオロメン / 茜空(初回限定盤)(DVD付)


 一青窈(2005年JRAイメージCMソング)はこちら。
一青窈 / 影踏み
一青窈 / 影踏み
posted by kurozo at 13:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一

頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一
頭文字[イニシャル]D 35巻 しげの秀一
 神奈川エリアの初戦、対チーム246戦。公道の限界を超えたダウンヒルバトルは思わぬ形で決着が!
 意外な人物が新たなる敵として登場。
 再びFCを持ち出そうとする高橋涼介の真意は?
 そしてストーリーは神奈川エリア第2戦へと続きます。

 ところで、もしかして美佳ちゃんの地元は埼玉県狭山市かな?


posted by kurozo at 15:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。