2007年04月15日

うしおととら 全33巻 藤田和日郎

うしおととら(1) 藤田和日郎
うしおととら(1) 藤田和日郎
 ひょんなことから妖怪退治に絶大な力を発揮する「獣の槍」を操ることになった中学2年生・蒼月潮と、その槍に500年間地下室に縫いつけられていた大妖怪「とら」が織りなす人間と妖怪の大スペクタル!

 後半の「白面の者」編からストーリーがより重厚に、より壮大になっていきます。
 獣の槍はなぜ出来たのか
 潮の母とは
 白面の者とは何者なのか
 そしてとらの正体は・・・

 すべての疑問にちゃんとオチをつけてくれているので非常に読後も爽快。長編ではありますが、途中で退屈することなく一気に読めます。もし漫画喫茶で読もうとお考えなら終電の時間は要注意です!

 通常コミックス版で全33巻+外伝1巻
 コミックス・ワイド版で全18巻(最終巻に外伝が含まれています)
 文庫版で全19巻


posted by kurozo at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

DVD 「機動戦士ガンダム MSイグルー −黙示録0079− 1 ジャブロー上空に海原を見た」

機動戦士ガンダム MSイグルー −黙示録0079− 1 ジャブロー上空に海原を見た
機動戦士ガンダム MSイグルー −黙示録0079− 1 ジャブロー上空に海原を見た
 MSイグルーの第2シリーズ−黙示録0079−の1巻。
 今回の主役はズゴックをベースにした制御ユニット”ゼーゴック”に各種兵器を搭載した特殊兵器”モビルダイバーシステム”とそれを操る海兵隊員ヴェルナー・ホルバイン少尉です。
 モビルダイバーシステムとは、衛星軌道上から大気圏内に飛び込んで敵を強襲する兵器で、物語上ではジャブローから宇宙へと打ち上げられる連邦軍の艦艇を強襲します。もったいないことに使い捨てですが、その時点(0079年12月)でのジオン公国軍には全てを回収する余力はないのでしょう。

 悪口とか批判ではなく気になった点がいくつか。
 ・サラミスが気持ち悪いほど機動力が高い(他の回でもそう思うことがある)
 ・あんなんでよく大気圏突入できるなぁ
 ・ホルバイン少尉は突入後、どうやってまた宇宙に戻ってきたのか
 ・・・・etc

 そこが一番重要だと思う人もいると思いますが、かっこいいかどうかと問われれば、文句なくかっこいいです。
 それと連邦軍の戦闘機にコア・ブースターが登場!これもかっこよかったです。08小隊に出てきたジェット・コア・ブースターかと思ったら、映像資料によるとコア・ブースター2という名称だそうです。

 戦果だとかストーリーのオチはここでは書きませんので見てください。

 「海は見えたか?海兵・・・」


posted by kurozo at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンダム:映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

A-STYLE Grand Prix of Japan 2006 その2

飛行機雲
 お昼頃に飛行機雲が。
MotoGPクラス スタート で、いよいよmotoGPクラス。結果は知っての通りカピロッシの完勝でした。やっぱブリヂストンはモテギで強いね。
 一番の衝撃は最終ラップに起こりました。2つ目の立体交差をカピロッシ、ロッシ、メランドリ、ジベルナウの順で抜けてきます。
 あれ?中野が来ない?なかのーーー!

 直前の90°コーナーで勝負して接触・転倒してしまった。うーん、残念。
 ポイントリーダーのヘイデンは5位。玉田10位、秋吉13位。

 この時点ではまだまだロッシの逆転チャンピオンの可能性が・・・。可能性があるのはロッシだけじゃないし。

 レース後はメインエントランスの方へ行ってイベント見たり(つか、きれいなお姉さんを見に行った)、おみやげ買ったりした。
 そして先輩の強い希望によりコレクションホールへ行きました。
HONDA RA272
 コレクションホールの入り口にあったF1マシン「HONDA RA272」です。たぶんRA272だと思う(^-^;

いすゞ ベレットGT-R 「クルマが文化(スタイル)になった時代」という企画展をやっていました(2007年1月28日まで)。クルマ(2輪・4輪)とその当時の流行みたいな感じで。
 展示してあったクルマはトヨタ2000GT、カローラ(いつの時代か忘れた)、フェアレディZ(432だ!)、サニー(B10だったかな?)、ベレットGT-R(写真のやつ)、スバル1000、フロンテ・クーペ、シビック(SB1かな?)、ホンダZ(以上4輪)、ヤマハ・チャッピー、ヤマハminiFT50、スズキ・バンバン、 CB750FOUR、DAX、Chaly。
 こんなキレイなフロンテ・クーペは久しぶりに見た(^-^)展示なんだから当たり前か。ミニカ・スキッパーとかあったらもっとよかったのに。

LPレコード 当時の流行なんかも展示してあって、ちょっと笑ったのはこの写真。
 LPレコードが3枚重なって展示されていたんだけど、一番上がストーンズのSTICKY FINGER(オリジナルのジッパー付きのやつ)、次がツェッペリンV(だったと思う)、一番下がディープ・パープルのイン・ロック。
 当時はどうか知らんが、現代における人気順みたいな。パープル、評価されてねーw(とか何とか言いつつも、俺もこの通りの順番だったりする)

ASIMO 2階は市販車、3階はレース車両。ホンダだけに汎用製品(芝刈り機とか船外機とか)も置いてありました。
 アッシモも1階にいました。動いていたよ!「はぁ〜、聞こえんなぁ?」と言ってます。

 帰りは水戸I.Cから常磐高速に乗って、外環〜関越で帰りました。当たり前にのように常磐は渋滞(^-^;

 疲れたけど、楽しかった。
 来年(つか、今年)も行くぞー!


posted by kurozo at 01:17| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

A-STYLE Grand Prix of Japan 2006 その1

 今さらですが、2006年のmotoGP日本GPの観戦記を。

 2006年9月24日ツインリンクもてぎ。
 学生時代の先輩と2人で行きました。朝6時ちょっと前に先輩が迎えに来て、ここでうちの車に乗り換えて出発。関越/川越IC〜外環〜常磐/那珂ICと順調。
 那珂川を渡る手前に細い道があって、そこに入っていくとなかなかおもしろい。裏道ですが、渋滞していないときは普通に行った方が早いです。実際、裏道に入る前に俺の前を走っていた車が通常ルートに合流後、前にいました(^-^;

 北ゲートに到着。
 昨年は125ccの決勝が終わってから入場だったけど、今年は余裕を持って到着。8時半くらいに着きました。空いてたなぁ。中に入ってからの方が混んでいたね。裏ストレートのあたりにある駐車場に。いやー、2ストオイルくせ〜。

 裏ストレートで各クラスのウォーミングアップを観ました。その後、場内をブラブラ。そんなこんなで125ccの決勝を今年も観ませんでした(^-^;
 写真はそのブラブラしているときに撮ったものです。右からSUZUKI GSV-R(ホプキンス)、DUCATI Desmosedici GP6(カピロッシ)、KAWASAKI Ninja ZX-RR(中野)。
SUZUKI GSV-R(ホプキンス) DUCATI Desmosedici GP6(カピロッシ) KAWASAKI Ninja ZX-RR(中野)


 ブラブラしていても特にこれは!というものはなかった。F1とか8耐のプログラムが半額で売ってたくらいかな。あとやっぱりお姉さんの周りにはすんごいカメラ持った人たちが群がっていました。バズーカみたいなレンズ付けてたよ。展示バイクの方はお姉さんの周りよりは空いてました。
 左と真ん中はロッシのYAMAHA YZR-M1。右は250ccクラスのスタート前です。C/E席から見たところ。
YAMAHA YZR-M1(ロッシ)1 YAMAHA YZR-M1(ロッシ)2 250ccクラスのスタート前


250ccクラストップ争い で、いよいよ250ccクラスのスタート!
 250ccはアンジェリスの好スタートで始まる。6週目に青山博一がトップに!青山博一、アンジェリス、高橋、ドビツィオーソの4台でトップ争い。
 しかし、高橋が転倒。そのあおりを食ってドビツィオーソが遅れてしまう。一時はアンジェリスの逆転を許したものの、青山博一はすぐに抜き返して、その後は一度も先頭を譲ることなくゴール!
 青山博一が昨年に続き、250ccクラスを制した。

 ここで、ちょっとなぜC/Eエリア席を選んだかを解説です。
 指定エリアであって指定席ではありません。雰囲気がすごくゆるいのです。空いてるし。どれくらい空いているかというと下の2枚の写真をご覧下さい。右の写真みたいに一列を占拠してもまだまだガラガラです。
 見えるのは2つ目の立体交差直後から直線半ばまでと3コーナー手前から4〜5コーナーの途中まで。それと90°コーナーの直前がチラッと見えます。ゆったりのんびり観戦したい人にはお薦め席。
CE席1 CE席2


続きは明日以降に(^-^;


posted by kurozo at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。